歯肉炎・歯周病治療・再生療法のご案内

歯肉炎とは

歯肉炎

歯肉炎の状態の歯の写真です。歯肉の周りが赤く炎症をおこしていますが、歯そのものはまだ正常な状態です。

 歯肉炎とは歯の表面につく歯垢(プラーク)が原因でおこる歯周の病気で、歯周病の初期症状をいいます。歯に歯周病菌という細菌が付着することで、歯肉が腫れて炎症を起こし、歯磨きの時に出血する状態が歯肉炎です。歯肉炎の段階で歯科医院に来院し、適切な治療を行えば確実に歯肉炎は直ります。
 しかし、歯肉炎の段階では痛みがないので歯周の病気だという自覚症状をもつ方は少なく、さらに病気が進行し歯周病となってしまう方が多く見受けられます。

■歯周病とは

歯周病

歯周病が進行した歯の写真です。歯周組織を失って歯が細長く見え、歯と歯の間に隙間が開いています。

 歯周病になると、歯肉炎がさにに進行して、歯を支えている  歯根膜(しこんまく)や歯槽骨(しそうこつ)が溶け、歯がぐらぐらしたり、歯肉が退縮して歯が長細く見えたり、食べ物が歯に挟まりやすくなったり、最悪のケースでは歯が抜け落ちてしまいます。
 歯周病は歯を失うもっとも大きな原因ですが、初期症状の歯肉炎の時には自覚症状がほとんどないのが特徴で、重症になってから歯周病と気づき歯科医院に来院される方が多く、その結果、大切な自然歯を失う方がたくさんいらっしゃいます。

歯周病と全身疾患や口臭との関係

 歯は体の中でも非常に大切な組織です。近年では全身疾患と歯周病の関連性が指摘されており、歯周病との関連性があるものに呼器系疾患、心疾患、糖尿病や妊娠などがありますが、特に糖尿病と歯周病との関連性が指摘されています。
 また、歯周病が進むと口臭が発生します。歯周病菌という細菌の繁殖によって発生する臭いなので、かなり強烈な臭いを発します。

歯肉炎と歯周病の基本治療

 歯肉炎と初期の歯周病に対する基本はブラッシング (歯磨き)指導です。特に歯肉炎の段階ではきちんとしたブラッシングを行うことでほとんど改善されます。
 しかし、一度歯に付着した歯石はブラッシングでは取れませんので、スケーリングという歯石除去を当院で行います。
 さらに、PMTC(プロフェッショナル メカニカルトゥース クリーニング)という歯科医院でしか出来ない歯の徹底的なお掃除(クリーニング)を行ったり、フッ素コーティングをしたりします。
 また、必要に応じて適正な噛み合わせの為の補綴治療や、インプラント治療を行う場合もあります。
ブラッシング指導

歯周病の再生療法

 歯周病の症状が悪化することによって失われた(溶けた)歯槽骨の再生を促す治療を再生療法といいます。
 歯周病が進行することで失った(溶けた)歯根膜や歯槽骨といった歯周組織は、歯周病の原因である歯垢や歯石をしっかり除去すれば再生しようとします。  しかし、歯垢や歯石をしっかり除去した後に何もせずに自然にほっておくと、歯肉は歯槽骨より早く再生するので、本来歯槽骨が再生すべき場所まで歯肉が入り込んでしまい、歯槽骨の再生を妨げてしまいます。
 そこで、歯垢や歯石をしっかり除去した後に本来歯槽骨が再生すべきところに特殊な膜を張って歯肉が入り込まないようにするGTR法という治療や、特殊な薬剤を歯槽骨の欠損部分に入れ歯肉が入り込まないようにするとともに歯槽骨の再生を促すエムドゲイン法という治療を行います。  こうすることで歯周組織を本来の健康な状態に近づけることができます。

歯肉炎・歯周病治療の料金

 歯肉炎や歯周病の治療は保険適用です。  当院ではPMTCやフッ素コーティングも保険適用治療の一環として行っておりますので、自費診療費は頂いておりません。
 ただし、歯周病の再生療法は自費診療となります。再生療法は歯周病の進行により選択する治療法が変わるので、料金は35,000円~となっております。詳しい料金については当院にお問い合わせ下さい。

※自費診療費は以下のクレジットカードがご利用頂けます。
JCB AMERICAN EXPRESSDiners Club International